イタリアに行って来ました(その2)

その1

続いて観光1日目のコロッセオから。


コロッセオのすぐ近くには、コンスタンティヌス凱旋門があります。
ガイドさんのお話によると、フランスにある有名なエトワール凱旋門は、
実はこのコロッセオ脇の凱旋門をモデルとして造られたものなんだそうです。意外。


やっぱり掃除はまじめですね。
なんか速そう。


そしてコロッセオ外観。石でできています。
ボコボコと穴が開いているのは、当時の鉄骨を取り出し、
新たな建築に再利用したためなんだそうです。


こちら側はレンガで造り直されています。
地震で倒壊してしまったためだそうです。
2階部分の枠は、当時はすべて壁があり一つ一つに石像が1体ずつ彫られていたとか。
なんにしてもすごいスケールですね。

スケールといえば、「コロッセオ」という名前ですが、
当時コロッセオの脇に悠然と立っていた皇帝ネロの石像で
「巨大な」という意味の「コロッスス」から来てるんだとか。


中は、現在は1階層と2階層だけ立ち入れるようになっています。
フィールド部分は、地下施設が見えるようになっています。
地下施設は、これから闘いに出てくるグラディエータや猛獣の控え室だったそうです。

続いてパンテオンです。



ここもやはり、古代ローマには巨人がいたのかと思うほど大きいです。



天井の採光窓にはガラスがはめられていません。
そのため、神殿の床は中心部に近づくほど低くなっており
中心部には排水口があります。

パンテオンは、イタリア人の間で最も美しい建築だと言われているそうです。

最後に、おなじみのトレヴィの泉です。



有名すぎるほど有名な観光スポットですが、このあたりに住んでらっしゃる方もいるんですよね。
世界中から観光客が来て、コインを投げ入れていきます。
グローバル賽銭箱です。
ちなみにコインは毎日回収され、ローマの慈善事業に使われるそうです。

まだまだ観て回ったところがありますが、
このブログに載せるのはここまでにします。
読んでくださった方、一度行ってみてはいかがでしょうか。

それでは失礼します。

Posted in: プライベート

  • seno

    素敵な写真ですねー。
    見てるだけでもイタリアに行ってみたくなります!